弊社、グループホーム大井からの報告です。

 

2022年を迎えてから早くもひと月が過ぎようとしています。

今年もお正月にはおせち料理をみんなで準備し、召し上がりました。

 



書初めも行い、それぞれ今年の抱負を書かれました。

 

 

 

1月中旬には新年会も行いました。
昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染予防の為、ご利用者と職員のみで行われました。

 

今年の新年会はおやつからスタート。
事前に聞いた質問で和菓子が好きな方が多いということで、キティちゃんのお饅頭を食べました。

 

 

ご利用者の皆さんに「小さな頃お正月といえば何をしていましたか?」と聞くと「凧上げ」「すごろく」「羽付き」「カルタ」などの意見が出ました。

その中で今回の新年会では「すごろく大会」を行いました。

 

 

すごろくのマスには、昔の思い出を語って頂くといった事から、全員で歌を歌って頂いたり、動物のモノマネや、隣の方とじゃんけんをしたり、体操を行ったりとバラエティーに富んだ内容でした。

 

その後夕食には仕出し弁当を召し上がりました。

 

コロナ禍により何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が戻りますように。

 

Comments are closed.