呼吸法

呼吸法とは?

「呼吸」と「呼吸法」とは、どう違うのでしょうか?
皆さん、「呼吸」は無意識にしていますよね。
意識してするのが、「呼吸法」です。
ストレス状態になると「呼吸」が浅くなります。
浅くなると、体に取り入れる酸素が減ります。酸素が減ると脳に十分な酸素が行き渡らず、色々と心身に支障をきたします。呼吸の仕方によって、心身の状態が変化します。
「呼吸法」は、ゆっくりと深い呼吸をすることで、十分な酸素を体に取り入れることにより、心身の状態を改善しようというものです。

今なぜ呼吸法なのか?

ストレスに満ちた現代社会において、心身を壊してしまう人が年々増加しています。
ストレス対策には、色々な方法がありますが、その中で全世界的に今、呼吸法が注目を集めています。
なぜ呼吸法が注目を集めているのでしょうか?
世界的に呼吸法がストレス対策だけでなく、リラックスしたり、
それはいつでもどこでも道具も必要なく取り組めて、更に効果が実感できるからだです。

ケアサークル恵愛の取り組み

「介護職員、家族介護者と被介護者を対象とした心身ケアプログラムの提供(計画期間:平成28年9月から平成32年8月まで)」として、東京都により経営革新計画を承認していただきました。これからは、呼吸法により、心身ケアプログラムを提供してまいります。