代表メッセージ

ようこそ!(株)ケアサークル恵愛のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。

この度、代表取締役に就任いたしました池田勇です。

エンジニアとしてコンピュータ関連の研究開発業務に従事していた私に、
「会社を変えて欲しい!」と、声をかけていただき、2016年10月に入社いたしました。

そこで決めたテーマは、「総合力を発揮する!」ということです。
総合力を発揮するためには、スタッフ間のコミュニケーションを良くすることです。

物理的に離れた場所にある部署間のコミュニケーションを良くするにはどうするか?
そのためにイントラネットの構築をするために、クラウド版グループウェアを導入しました。
これで私が考える総合力を発揮するためのベースの一つです。

弊社には、訪問介護、グループホーム、居宅介護支援と三つの部門があります。訪問介護と居宅介護支援は、日勤のみですが、グループホームは24時間365日シフト制の勤務です。この三つの勤務形態でコミュニケーションを良くするには、掲示板機能を使ったり、メッセージ機能を使うことで、今までの部署内だけのコミュニケーションだけでなく、気軽に他部署とコミュニケーションが取れます。

また、弊社の二つのグループホームは、徒歩8分ほどの距離にあります。そこで相互に交流を行うようにしました。お互いに行きかうことで、入居者もスタッフも交流が生まれます。これにより、連携が生まれ総合力も高まってきました。

また、個々の力の向上にも取り組んでます。

ケアに限らず「気づき」ということがとても大切だと思っています。常日頃から観察していないと変化には気が付きません。当たり前になって流してしまわないことがとても大切です。しかし、気づかない人に「気づけ!」と言っても気づくはずがありません。「気づき」のトレーニングの一環として二つのことを始めました。

一つ目は、情報発信力ということで、リニューアルしたホームページに新着情報として、スタッフが記事を投稿しています。世界に向けて、自分たちの取り組みをアピールする練習をしています。このネタを探すという行動が今まで流しがちであった事柄からも、記事のネタ探しになることで、「気づき」が生まれます。

二つ目は、「Good&New!」を取り入れました。これは効果抜群です。介護という仕事の「働きがい」が実感できるようになります。今、働き方改革が叫ばれています。「働きやすい職場」に対する施策を取り入れている会社はたくさんあります。しかし、「働きがい」が伴わないといけないと考えています。

新しい事業にもチャレンジしていきます。

その第一弾として、「呼吸法講座」を開設します。
弊社の呼吸法に関する事業の経営革新計画(期間:平成28年9月から平成32年8月)を承認していただきました。
呼吸法は、いつでもどこでできます。しかも、道具も必要ありません。

現代はストレス社会です。心身ともに疲れています。呼吸法は、手軽に緩和できます。
私は、呼吸法は、介護と親和性が高いと感じています。

介護者にも被介護者にも、それから家族にも、呼吸法は大変有効です。
心身ともに少しでも健康な状態を手に入れるためのお手伝いをしていきます。

研究開発とは、新しいことにチャレンジするということです。
フィールドを介護という分野に移して、新しいことに常にチャレンジしていきますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。